2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

手作りパッパルデッレ

仕事超忙しい、死んじゃう・・・。

先週土曜の朝、早起きついでに、いつものドライブコースに出かけました。(更新遅っ!)


第三京浜都築インターから横浜新道を抜けて、横浜・横須賀道路の朝比奈インターへ。
鎌倉を抜けて葉山方面へ車を走らせると、海が見えます。mist

Sn3d0067

その後はおきまりのBonjourでパンを、お向かいのTanto Tempoでイタリア食材を仕入れてきました。
http://members2.jcom.home.ne.jp/tantotempo/

続きを読む "手作りパッパルデッレ" »

2008年7月22日 (火)

横浜国際花火

梅雨も明けて、すっかり夏ですねー。coldsweats01
子供達もついに夏休みに突入してしまいました。

世間は3連休だというのに、なぜか日曜しか休めない僕は、家族で横浜国際花火に出かけました。Sn3d0033

花火といえば・・・

続きを読む "横浜国際花火" »

2008年7月18日 (金)

なんかせつない・・・

まさかとは思ったけど・・・
間違いなく前に乗ってたPorteだ!!

http://www.goo-net.com/used/spread/goo/15/0130080705D4001159020.html

Defiの5連メーターなんてつけてるPorteなんて絶対ほかに無いし・・・
なんでこんなに切ないんだろう・・・とっても複雑な気分。think

続きを読む "なんかせつない・・・" »

2008年7月 7日 (月)

SAVOY麻布十番

今日は平日休みだったので、子供達を小学校に送り出した後、嫁さんとデートに出掛けました。happy02

雨が降りそうだったので面倒臭かったけど、飲みたいので電車で出掛けることにしました。
どこに出掛けようか思案していましたが、前々から一度食べてみたかったピッツェリア"SAVOY麻布十番"にいってみました。

僕はピッツァが大好きですが、どちらかといえばナポリ風よりはローマ風が好みです。
でも、軽井沢のエンボカで食べた生地の美味しさが忘れられず、それ以来ナポリ風ピッツァの草分け的存在のSAVOYにどうしても行って見たかったのです。

エンボカのピッツァは四季の野菜などの素材を楽しむ変化球的なピッツァですが、ピッツァ窯で焼き上げられる生地はとても美味しいです。
ナポリ風ピッツァは高温の薪窯でのみ焼き上げられるため、家庭で作ることは不可能。
正統派ナポリ風ピッツァに胸は高まります。

お店につくと店内はJAZZが流れ、シンプルな内装に約10名ほどのカウンター席があります。
目の前に大きな薪釜があり、席に座るとその熱を肌で感じることができます。

ランチタイムでしたが、ピッツァの前にアンティパストを頼んで少し飲むことにしました。
注文したのは

トリッパ(ハチノスの煮込み)Sn3d0025
水牛のモッツアレラSn3d0026
角切り生ハムのオリーブオイル漬けSn3d0024




トリッパは妻の大好物ですが、僕の得意料理でもあります。
妻曰く『あなたの作ったトリッパの方が美味しいわ!』
ですって!これは多分に僕に毒されているのでしょう。happy01
さっぱりとした上品な味付けなのですが、妻には少し物足りなく感じたのかも知れません。
僕には美味しく感じられました。でも、上にのったチーズは余計だと感じられました。

水牛のモッツァレラはチョット期待はずれでした。もっと柔らかくてジューシーかと思ったのですが・・・、味はたしかにクリーミーですが、やはりモッツァレラは鮮度なので致し方ないですね。

生ハムの角切りも、ちょっと・・・。
うーん、これを食べると、なぜ生ハムが薄切りで出てくるのか理解できるような気がします。
チョットもったいないですね。

刺身も同じですが、魚によって油ののりかたや身の絞まり方も違いますよね?
なので、せっかくの素材でもチョットした厚みの違いで美味しくも不味くも感じられるのだと思います。

さて、メインのマルゲリータとマリナーラのピッツァが登場します。

Sn3d0027

肝心の生地は・・・、もっちりとして美味しいのですが、いまひとつなんと言っていいのか分からないのですが、ほのかな甘みが足りないような気がしました。
これは、僕が自分のなかでイメージを膨らませすぎていたからかも知れません。
十分に美味しいと思うのですが、もっと欲張ってしまいます。

トマトソースとたっぷりとトッピングされたモッツァレラは美味しいですが、塩分がきつすぎます。最後に塩を振りかけていましたが、明らかにかけすぎです。
トマトソースに味付けしてあるのだから、何で焼く前に塩がいるのか不思議です。
Sn3d0028_2
マリナーラも塩分過多とニンニク多すぎで、味が濃すぎて楽しめませんでした。チョット残念でした・・・。うーん、厳しいかな。sad


老麺魂

昨日のお昼は家族そろってラーメン食べました。noodle

前々から気になっていたけど食べる機会に恵まれなかったお店、北山田にある"老麺魂(タマシイ)"に行きました。

ここは前回来たときに車を駐車場に泊めるところまで行きながら、車が壊れて泣く泣く食べるのを断念した曰くつきのお店。
今回こそは絶対に食べてやるぞ、と意気込んでいってきました。

とっても暑かったので、僕はつけ麺の塩を子供達と嫁さんはラーメンの塩と醤油を頼みました。

スープは魚貝系がブレンドしてあるため一見あっさりのように思われますが、意外と油がきつく僕にはチョット重かったです。塩もキツめでした。麺ももう少し腰が欲しいところ、縮れ麺で太さは普通でしたが、スープとのマッチングもいま一つかな・・・。

でも、使ってる素材自体は悪くないし、もっと美味しくなれる可能性を感じさせるお店だと思いました。暫くしてからまた行ってみます。

Sn3d0022_2 Sn3d0021

GHIBLIとの出会い(その4)

それは突然やってきました・・・

雨の夜のことでした。
単身赴任先から横浜の自宅へ帰ろうと車を走らせたその時

左前方にスーパーの駐車場から右折しようとする軽自動車が目に入りました。
なんかヤナ感じだな・・・。
自分は直進中で対向車線には大型トラックが見えます。

中央よりに車を寄せて走りましたが、はっとした瞬間、軽自動車が僕の車を見落として飛び出してきました。

次の瞬間、大きな衝撃とともに変わり果てたQuattroporteの姿が・・・
怒りがこみ上げてきて、抑えきれなくなってしまいました。

相手を見つけると、どうやら保険屋に電話をしているようです。
完全にキレました・・・。

殴ってやろうかと思いましたが、理性で自分を抑えつつ相手の胸ぐらを掴んで文句を言ってやりました。

相手は地方銀行員でしたが、怪我をさせておいて謝るどころか自分の保険屋に電話するなんて、順序が違うんじゃないかと。
しかもこの後の事故の対応が最悪でした。自分の車は自走不可能になってしまったのですが、相手の保険屋にレッカー移動を頼むと時間外なので対応できないとのこと。
相手になんとかしろといっても、しどろもどろするばかりです。

あー、アホらしい。
なんでもらい事故して、自分でレッカー頼まなきゃいけないんだ!!

結局そのまま都内のCORNSに直接車載で運んでもらいました。
次の日CORNSのS氏と話したのですが、バラしてみないとなんともいえないとのこと。

修理代は相当額が予想されてはいましたが、ある程度状況をみて自分では覚悟はしていました。
2日後連絡が入り、ピラーが歪んでいるため、大掛かりな修正が必要とのことで金額を聞いてびっくりです。修理を断念しました・・・。pout

やっとのことで手に入れて大切にしてきた車が、一人のアホな銀行員の運転によって無残な姿になってしまいました。悲しさのあまり涙が・・・。

それから暫くたってから、自分の中ではやはりMaseratiしかないと思いまた探し始めたのでした。

都内のMaseratiを扱う有名店Sで最初に候補に挙がったのは同じグリジオV8エヴォのセリエスペチアーレでした。
やっぱりV8はパワーがあるし魅力的だと思いました。金時計もついてるし。
値段もこなれてきて、現実的ではありました。

しかし、妙にその店で見た売約済のベルデツンドラのGhibli GTが気になりました。
あー、MTのPorteがあれば良いのに・・・と思ったら、その店の知り合いのお客さんに持ってる人がいるとのこと。
聞いてみると、後期型、ディーラーもんのMT仕様Quattroporteが存在するんだそうです、しかも、色はブルー・フランシア!特注でコーンズに頼んだそうです。羨ましい・・・。lovely

そのオーナーが売ってもいいよというので値段を聞いてもらいましたが、とても買えません・・・予算オーバーです。

ここんとこATに乗ってたけど、何か物足りなさを感じている自分。
EvoにはないMaseratiらしさが後期型にはある。

CORNSのS氏に話したら、Ghibli GTかCUPしかないでしょう!
とのこと、けどなぁ、タマ数がないからこればっかりは・・・。

そう思いつつ探し続けていると、ついに見つけた!
'97 グリジオGhibli Cupが売りに出てるじゃないの!!
速攻で電話&優先交渉権を獲得し、すぐさまCORNSのS氏に連絡する。
その業者は信用に値する業者ですよ!との後押しもあり、どんどんその気になっていく自分。

結局、その固体をチェックして試乗した後、購入を決定!
値段は張ったけど、納得できる固体にめぐり合えました。
今度こそ一生大事にするぞー!happy02
Sn3d0006_2 Sn3d0023_2

GHIBLIとの出会い(その3)

やっと出会えたQuattroporteでしたが、噂通りのツワモノでした。bleah

これまでに経験したトラブルは・・・

・アイドリング不調(スロットルボディassy交換)
・フュエルタンクの潰れ(ガソリン漏れ)
・エアコンコンデンサーからのガス漏れ
・原因不明のABS誤動作によるリアブレーキのひきずり
(リアキャリバー・ローター一式交換)
・オーバーヒート
・その他細かいトラブルは数知れず・・・

このなかでも特に参ったのは、フュエルタンクのつぶれでしょうか。
エンジンの負圧が掛かったらしく、タンクがつぶれてガソリンが漏れてしまったようなのですが、修理費用が・・・。crying
さらに、首都高速ではエンジンのふけ方が明らかにおかしいと思ったら、リアブレーキをひきずっていて、気がついたらローターが真っ赤に燃えてました。coldsweats01
ブレンボなので、修理費用が・・・

とまあ、こんな感じで修理代は・・・大変です。入院期間も結構な期間でした。

こんなにネガティブなことばかり書いているとお思いでしょうが、それを補って余りある超魅力的な車ですよー。それに、あばたもエクボで可愛く思えてくるから不思議です。

こんなに手が掛かっても、ただの一度も手放そうなんて思いませんでしたからね!!
惚れ惚れするようなエクステリア・インテリアのデザイン、パワーやフィーリングは他の車には絶対
真似できません。しかも家族4人が快適に座れて、速くてカッコイイ!

モディファイしたポイントは
・BBS LM +P ZERO Rosso
  Fr   8J 225/40-18
  R 10.5J 265/35-18 
・Quantum ワンオフ車高調サスペンション
・アーシング
・リアブレーキのステンメッシュホース化
・Defiの5連メーター(ターボ、燃圧、排気温、油圧、水温)
・キセノンヘッドライト
・その他もろもろ

と、これだけ大切にしたQuattroporteにも別れの時がやってきます・・・

Porte_side4

Porte_back2

その4につづく

GHIBLIとの出会い(その2)

その僕の心にあったある車とは・・・

嫁さんと"みなとみらい"でデートしていたとき、地下駐車上で出会ってしまったのです!
一目惚れでした。lovely

ビアンコのQuattroporteでした!

そもそも、実はMaseratiにはずっと昔から興味をもっていたのです。
僕はスーパーカー世代だったのでMaserati Bora、Merakは大好きな車でした。
Maseratiは憧れの車でもあったわけです。

しかしとりわけ心に残っている車といえば
Lamborghini Countach・Jota・Miura、Lancia Stratos、De Tomaso Pantera
これらのデザインに共通するもの、それは巨匠Marcello Gandiniが係ったデザインなのです。

その当時は知る由もなかったのですが、今思えば凄いことだと思います。
きっとデザイナーとしてのアイデンティティを強く感じさせるのでしょうね。子供ながらにそれを感じとっていたのでしょうか。

Quattroporteは憧れのMaseratiであり、巨匠Marcello Gandiniのデザインでもあり強烈に欲しくなってしまったのです。

それからというもの、Quattroporteのことがいつでも頭から離れません。heart02
どうしても欲しくなってしまいました。

そこで、嫁さんには内緒でずっと探し続けていたのです。

そして絞り込んだのは、後期型ベルデツンドラのV8とグリジオのエヴォルツィオーネV6でした。

どちらにしようか死ぬほど迷いました。
しかし、最終的に維持費のことを考えて・・・グリジオのエヴォに決定したのです。

エヴォになってFerrari傘下になり、信頼性がUPしているとの情報を鵜呑みにしたためでした。bearing
今となって思えば、後期型のほうが良かったかも・・・

事実、その後正規ディーラーのCORNSで面倒を見て頂いたのですが、そこでお世話になっているS氏曰く
『後期型よりもエヴォの方がトラブルは多いような気がします。中でもファーストクロップの'99には特に・・・』
とのこと

また、個人的な意見ですが内装はコストダウンの影響を受けているため後期型のほうが遥かに良いと思います。
エンジンもマネジメントが違うのか、EVOの方がエッジがないというかおとなしい印象を受けました。ただし、リア周りのボディ剛性は多少上がっているかと感じられました。

そんなこんなで、quattroporteの購入をほぼ決めたのですが、それには乗越えなければならない高い山が存在していたのでした。

そう、それは嫁さんの存在です。
当時は社宅暮らしで、お家を建てるための資金をせっせと貯金していたのです。

嫁さんにはそれとなく話をしてみたのですが、相手にしてくれません。
何度も頭を下げたのですが、どうしても首を縦に振ってくれません。
しょうがないので強行突破してしまいました。punch

その後は・・・大変なことになってしまいました。もうちょっとで離婚されるとこでした。
みなさんも気をつけましょう。最終的に許してもらいましたが、1週間口も聞いてくれませんでした。coldsweats01

そしてめでたくQuattroporteが納車の運びとなったのです。

まだ、Ghibliは出てきません。

その3につづく

Porte_side3

GHIBLIとの出会い(その1)

これまでの車遍歴を紹介すると
Z32(MT)→Alfa155 V6(MT)→BMW323i(AT)→Maserati Quattroporte V6evo(AT)→Maserati Ghibli Cup(MT)&Fiat Punto HGT Abarth(MT)
てな感じです。

最初に乗ったZはNAの2シーターでした。
3.0LのV6エンジンはトルクフルでしたが、バイブレーションが酷く、とても高回転まで回す気がしませんでした。pout
それでもTバールーフを開けて走ると開放的だったので、結構気に入ってました。
タイヤとホイールをインチアップしたその日にハーフスピンして大クラッシュ!!crying
絶対廃車だと思いましたが、新車だったのでフレーム修正までして直しました。

次に乗ったAlfaは弟が乗っていた車だったのですが、実家に帰った時にチョット乗ったらエンジンが良い!!
FFで2.5Lのエンジンだったので、自分の車の理想(FRで大排気量のNAエンジン)からは外れてたのですが、音といい、フィーリングといい最高でした。
とっても気に入ってしまったので自分が乗っていたZと交換することになりました。

この155は僕の車に対する考えを根底から覆してくれた思い出の車になりました。
カタログスペック上は大したことがありませんでしたが、乗ると本当に楽しい車でした。
足回りをいじって車高を落としたり、マフラーを変えたりして楽しんでましたが、雨の首都高でスピン→クラッシュ→廃車になってしまいました。crying

次に選んだ車はE36のBMWでしたが、モデル末期の'97年式限定車でした。
色がモラと呼ばれる赤紫っぽい色で、内装がグレーの総革張りにフルエアロ、フル装備のオプション付、お洒落な色と内装がお気に入りの一台でした。

このときは結婚する直前だったので、嫁さんのことを考えて初めてATを選びました。
エンジンはBM伝統のシルキー6(死語)で、トルクフルかつ回した時のフィーリングも良く流石はBMだと思いました。

驚いたのはボディ剛性で、Zは勿論、Alfaとは比べ物にならないレベルでした。
各部の造りこみもドイツ車らしい機能性と品質を感じさせる車でした。

取り回しのよいサイズのスタイリッシュな2ドアのクーペで、うちの嫁さんにとっては一番のお気に入りだったようです。
しかし、またまた別れの時がやってきます・・・。(今度はクラッシュじゃないよ)

それは僕の心の中にあったある車のせいでした。

つづく

Porte

2008年7月 1日 (火)

洗車しました!

今日は本社に用事があったため、横浜に帰ってきました。happy01
久しぶりに家に早く帰れたので、GHIBLIを洗ってあげることにしました。

ピカピカになったGHIBLIshineはやっぱり美しい・・・。lovely
どんなに眺めても飽きることがありません。

Ghibli_side_3

自己満足かもしれませんが、本当に良い物は年月とともに色あせることが
ないような気がします。happy02

Ghibli_back_3

かれこれGHIBLIを手に入れてから6ヶ月が過ぎようとしていますが
今のところとっても良い子にしています。
壊れたのは、左側のウィンドウレギュレータのみ。といっても修理代は13万円でしたが・・・。crying
まぁ、先代PORTE EVOに比べれば、なんてことはありません。今のところ・・・。

コイツを手に入れたきっかけは・・・話せば長いので、次回に!

Ghibli_front_3


« 2007年11月 | トップページ | 2008年8月 »