« モツ煮込み | トップページ | macopoo特製お好み焼 »

2011年1月16日 (日)

自家製サルシッチャ

お父ちゃまのお料理第二段は・・・手作りサルシッチャ(生ソーセージ)です!

自分で作っちゃいました
以外に美味しそうでしょ?!( ̄ー+ ̄)

Dscn3733_5542

macopooはサルシッチャ大好きなんですが、イタリア製品では冷凍の状態でしか手に入りません
そこで、いっそのこと作れないかと思案していたところ、ネットで検索してみると
同じことを考えている人が結構いるんですねー
皆さん手作りされてるんです

ということで、macopooも初チャレンジしてみました

レシピはネットで検索したサイトを参考にしてみました
実際に使った分量は以下のとおりです

豚肩ロース 1kg
豚ミンチ 0.6kg
背脂 0.2kg
塩 20g
黒胡椒 10g
フェンネルシード 10g
にんにく 10g

ミンチにするには勿体ないくらいの肩ロースですが
美味しいサルシッチャのために使っちゃいます!
Dscn3726_5535

フードプロセッサーでこんな状態にしました

Dscn3727_5536_2

余りに脂身が少ないので、つなぎに豚のミンチと背脂を買ってきて入れてみました

Dscn3730_5539
半分はイタリアンパセリを刻んで入れてみました

Dscn3731_5540
これが今回の秘密兵器のウィンナーメーカーです!
これは使える!!東急ハンズで手に入れられます

通常の絞り袋にくらべて力要らずで、簡単に出来ます

Dscn3736_5545
あっ、ケーシングの写真撮り忘れた!!
羊腸の塩漬けを水で30分塩抜きし、ウィンナーメーカーのノズルの先端に付けます
あとはミンチを腸に詰め適当な長さに捻るだけ

このときのコツは、肉を詰めすぎないこと
8分から9分の詰め具合に調節します
パンパンに詰めてしまうと捻ったときに腸が破れてしまします!(macopooも何度かやってしまいました)
感覚的なものなので、口で説明するのは難しいのですが、2、3回やるとコツがつかめました

あとは捻ったあと、捻れが戻らないようにタコ糸で結ぶとかいてありましたが、ウィンナーメーカーの説明書には、タコ糸要らずの捻り方が書いてあったので、挑戦してみました

子供達にも手伝ってもらい、失敗しながらも楽しくできました!

あとは、焼いて出来上がりです
美味しそうでしょ

Dscn3770_5579
付け合せのレンズ豆のトマト煮込みとパスタ(リガトーニ)を添えて

Dscn3777_5586
今回の反省点

・塩がちょっぴり少なかったかも・・・
もう少し多くても良いかもしれません、レシピには肉の重量×1.0~2.0%と書いてありました
肉の配合によっても変わると思いますが、僕の分量では少ないかも

・もう少し脂分が多くてもよいかも・・・
これも好みの問題だと思いますが、脂身が多いほうが肉汁が多く、パサパサ感がなくなると思います
美味しかったですが、もう少し脂があっても良いと思いました

・肉を練る時間が短かったかも・・・
ウィンナーメーカーの説明書には練れば練るほど美味しくなると書いてありました
適度な練り具合を判定するのは難しいかもしれませんが、練ると粘りが出てきます
ぼくも十分練ったと思いましたが、なんというか、もう少し食感が物足りないと思いました

ということで、最初にしては十分満足の出来でしたが、もっと美味しくできると感じたので、次回再チャレンジしてみようと思います

関係ないですが、イタリアの小さなトウガラシ(ぺペロンチーニ)のオリーブオイル漬け
エクストラバージンオイルに入れるだけ、2週間ぐらいすると超辛ーいオイルの完成!

Dscn3783_5592_2

パスタやピッツァは勿論、いろんな料理の仕上げに使うとアクセントになります!
簡単なので、ついでに作ってみてくださいねー!
Poi è di nuovo la prossimo volta


 


 

|

« モツ煮込み | トップページ | macopoo特製お好み焼 »

料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自家製サルシッチャ:

« モツ煮込み | トップページ | macopoo特製お好み焼 »